2017年4月8日土曜日

対話についてのひとりごと

正しい音楽、間違った音楽というものがないように、正しい対話のあり方も、間違ったあり方も、ない。
正解のないテーマを、試行錯誤しながら見つめていくことのおもしろさ。
そして、実践を通じて試行錯誤を続けている人と出会えた時にあふれてくる、なんともいえない嬉しさに、眠気もふっとび、かつ癒される。
言語コミュニケーションの難しさ、奥深さ、果てしなさと真摯に向き合う人びとに、心からのリスペクトを送ります。





たどり着くことが目的なようで、歩むことそのものを楽しんでいるともいえる。


今この道を歩けている事自体がありがたい。
その道に、同朋の姿があることがありがたい。


出会いに感謝。
対話の機会に感謝。
言葉という不自由な道具を使うことで、常に自由であることに気づいていくのかな。
有限な道具を使うことで、常に無限だということに気づいていくのかな。
言葉・・・。
いつか手放すために、この道具を使っているのかもしれないなと思う。
だとしたら、いつか失われるかもしれないこの言語を、その美しさを、そのはかなさを、そばにある限り大事に大事にしていきたいと思う。
言葉を通じて生まれる繋がりのひとつひとつを、大切にお祝いしていきたいと思う。

追記:東京の財産は人間、だと思っている。たくさんの人たちの魅力。本質の輝き。そこに触れる機会が日々やってくる濃厚Sessionデイズ。そして、そのような出会いをもたらしているのは場の力。シェアハウス、カフェ、場を作り、出会いや化学反応が生まれる事を静かに支える人びと。そのありがたさをしみじみ感じています。本当にありがとう。