2017年6月6日火曜日

オーダーメイドについて思うこと


衣服の世界は飲食の世界と同様、とりあえず沢山作って、余ったら捨てる、ということが横行しています。
 

しかし僕は、一点のムダもなく、すべてを丁寧に作って、丁寧に使ってほしいと思っています。

そして、出来れば一度生み出したものは、縫い直したり、染め直したりして、大事に使ってほしいし、僕自身そのように使っていきたいと思っています。

その上で、作り手の立場から言うのも何ですが、作り手を大事にしてほしいと思っています。

手作りである以上、全ての品物が一点ものであると同時に「こんな色で、こんな形のものがほしい」というリクエストに応じる事は難しいということも、ご理解頂きたいと思います。

そのあたりは、 野菜や穀類の栽培と同じようなものです。

「こんな野菜を作りたい」と思っても、天候や土壌の様子などによって、思い通りのものは出来なかったりします。

むしろ、天候や土壌の様子を深く観察して、何が生み出されるのかを見つめていくような行為が手仕事だと思っています。

こうなってほしいな、という期待をかけながらも、ひとつひとつのプロセスに対して意図を持って向き合いながらも、「結果をコントロールする」のではない向き合い方で仕事をしたいと思いますし、コントロールを手放すことで、起こりうる無限の可能性に対して開いていたいと思っています。 

そして、生み出された結果と、生み出されていく経過のそれぞれを、お祝いしながら仕事をしたいと思っています。

オーダーメイドとは、そういった、血の通った信頼関係を醸成するコミュニケーションであり、文化作りなのだと思っています。

自分の作りたいものを創って、それらを手にとってもらって「身につけたい」と思ってくれる人と出会う冒険としてのレディメイド。

それも素晴らしい仕事だと思います。

そして同時に、オーダーを受けてから生地を仕入れ、裁断し、縫製し、染色し、仕立て上げて、届けていくオーダーメイドには、「その制作過程に寄り添ってくれている人がいる」という安心感や「この作品を手渡す人」が明確に見えているクリアさという素晴らしさがあります。

レディメイドの素晴らしさとオーダーメイドの素晴らしさ。

その双方が共存する世界を創っていきたいと思います。